〜無意識の意識を追って〜
無意識的続き
ネルフ本部基地内で、綾波レイが新しい使徒と戦って最後自爆して一緒になくなろうとする。「また今回もか」と思っていると、零号機と使徒が黒い大きな立方体の箱になって浮かぶ。外側には「03」か何かの数字が書いてあった。緊急事態になって全員慌てふためいている。そして何故か基地が縮小しだす。そこにあった壁が気づくと1メートルくらい目の前に移動したきてそれが四方八方一辺ずつ迫ってくる。それにより電気は遮断され暗闇の中に赤い非常灯ランプが点々と点いているだけ。ミサトさんはなんとか調理室に逃げ込んで冷蔵庫を開ける。壁が迫る。ソーセージを食べる。壁が迫る。また何かを食べる。壁が迫る。そして小さいゴキブリがパクんとミサトさんを丸呑みする。そしてそのゴキブリをパクんと丸呑みするいもむし。いもむしの目はびっくりしていてこちらを見てる。その間もずっとビーー、ビーー、とサイレンが鳴りっぱなしで耳と頭の間が痛い。そして、もう部屋の体積がなくなる頃、目が覚める。



- comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








おはよ
from. わん | 2012/02/02 18:48 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bxixsxi.jugem.jp/trackback/195
<< NEW | TOP | OLD>>