〜無意識の意識を追って〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
「好きなうた」
口だけ大人だから

なにもできない

毎日が音速で駆け抜ける

長いトンネルの中

出口をただ

見つめてる


どうしようもないっていう

どうしようもないひと


好きな歌をうたおう

それはすごく

いいことだと

思うから

何でもいいから


鏡にうつる男は

知らない男だった

1年後も多分友達にはなれない

暗い部屋の中に

ずっといたがるから


どうしようもないっていう

どうしようもないひと


好きな歌をうたおう

それはすごく

いいことだと

思うから

何でもいいから




- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bxixsxi.jugem.jp/trackback/242
<< NEW | TOP | OLD>>