〜無意識の意識を追って〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
牛乳瓶
牛乳瓶のような人生でした

毎朝家のポストに入れられ

飲まれ

空になったら回収されて

洗われ

また新しい牛乳を入れ

また朝になります

それを繰り返しているうちに

からだは傷つき欠けてきて

ボロボロになったら

他の古い瓶達と一緒に溶かされて

また新しい瓶になります

それは地球にいる者たち全員と
同じです







- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bxixsxi.jugem.jp/trackback/257
<< NEW | TOP | OLD>>